キッズシューズを選ぼう【見た目やファッション性だけで選ばない】

正しい選び方

靴

選ぶ際に気を付けること

キッズシューズを購入する場合は、知識をきちんと持ち子供に合ったシューズを選ぶ必要があります。まず始めにキッズシューズを購入する際に計測をし、子供の足のサイズを確認することが重要です。その際のポイントとしては、足の長さ、幅、回りを計測してもらいます。幼少期は特に足の成長が早いので3ヶ月から4ヶ月くらいを目安に足のサイズを計測するのが良いでしょう。足のサイズがわかって合ったサイズを選んでもメーカーによって幅が違ったり、足の先が狭かったりする場合もあるので必ず試着することが大事です。履いた時に確認することは、まず一つ目にかかとがきちんと固定されているかどうかです。歩いた時に靴から浮いてしまったりせずに、適度な堅さでかかとを守ることが出来るものを選ぶのがよいでしょう。二つ目に足の甲がきちんと固定される物を選ぶことです。マジックテープで固定することにより足が前にずれにくくなります。そして三つ目に靴底が指の付け根部分で曲がり、硬すぎず柔らかすぎない物を選ぶことです。靴底が適度な堅さで曲がりやすい物を選ぶことにより前に進む為の蹴り出しをスムーズにすることが出来ます。四つ目につま先部分に適度な余裕があるかどうかです。足の指が十分に動くように適度な余裕を持たせることが必要です。小さい時であれば足の成長も早いので大体7から10ミリくらいの余裕を持たせるのが良いでしょう。キッズシューズを選ぶ際にはいくつかの注意点を守り子供の足に合った靴を選んであげるのが良いでしょう。そして定期的に足のサイズを測定し、サイズのあったキッズシューズを選んで、子供の成長を見守りましょう。

Copyright© 2018 キッズシューズを選ぼう【見た目やファッション性だけで選ばない】 All Rights Reserved.