キッズシューズを選ぼう【見た目やファッション性だけで選ばない】

子供の成長に合わせる

靴

ジャストサイズを選ぼう

子供にとってキッズシューズはとても重要なものです。きちんとあった靴は足の成長にとって不可欠なものであるのはもちろんのこと、あわない靴をはいていると歩くこと運動することそのものがい嫌になってしまうこともあります。ポイントを押さえて正しいキッズシューズを選ぶようにしましょう。歩きはじめの赤ちゃんのキッズシューズとして抑えるべき点は、つま先に余裕があること、靴のソールがやらかく曲がるものであること、マジックテープで甲を固定できて、しっかり足にフィットしたものであることです。赤ちゃんはつま先で地面をけるようにして歩くので、そういった歩き方に対応するものとなっています。子供が成長すると歩き方もかわってきます。走ったり跳んだり、運動量が増えるとそれに対応したキッズシューズを選びます。各メーカーでさまざまな工夫が盛り込まれてキッズシューズがありますので、見ていても楽しいですね。選ぶ際に特に注意しなければならない点がサイズ選びです。つま先には5ミリ程度の余裕をもったものが正しいサイズとなっているので、試着した上で購入するようにします。子供の足は早く大きくなるので、大きめのサイズを選んでしまいがちですが、大きなものを選んだ場合には中敷きなどでジャストサイズになるように調整してはかせます。また、つま先だけでなく、甲の高さのチェックも必要です。紐やマジックテープで足にきちんと合った高さになるよう調整できる靴を選びましょう。

Copyright© 2018 キッズシューズを選ぼう【見た目やファッション性だけで選ばない】 All Rights Reserved.